「在籍確認」とはどんなもの?

在籍確認を会社にバレないようにするにはどうしたらいいか考える男性

キャッシングの審査手続きのひとつに、「在籍確認」があります。契約のときに記入した勤務先に本当に勤務しているか(=在籍しているか)を金融機関の担当が直接確認する作業です。

 

仕事に就いていることは返済能力をある程度保証するものですから、就職状況についてもしも虚偽があると金融機関の方も困ってしまいます。そのため、キャッシングする際には、在籍確認が行われるのです。

 

とはいっても、勤務先に貸金業者から電話がかかってくるというのは、誰でも不安になるものです。
そして気になるのは、

  • 「何を訊かれるのか」
  • 「会社に借金のことがばれないか」

 

主にこの2点ではないでしょうか。

 

まず大前提として、担当の方が会社名(アコムやアイフルなど社名)を名乗ったり、キャッシングでの在籍確認という事実を他の人に言うことは決してありません。これは貸金業法で「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」と定められているのです。知り合いを装って個人名を名乗る場合が多いようです。電話が来たときにまごつかないように、担当の方の名前は覚えておくといいですよ。

 

では、キャッシングの在籍確認の電話で具体的にはどんなことを訊かれるのかというと、

  • 「氏名」、「住所」、「生年月日」

です。

 

えっそれだけ? 

 

それだけなんです。要は、契約書に記載された企業に、契約した本人が実際に在籍していることが確認できればOKです。金融機関によっては氏名だけの場合もあります。

 

「担当の○○です。××(契約者のフルネーム)さんですか」
「はいそうです」

 

こんな感じです。ただ、同姓同名が在籍しているケースも考えられますから、念のために住所と生年月日をセットで訊くことがほとんどのようですね。

 

営業などで外出している時間が長いので、電話に出れないという方は、キャッシングする際に業者にお願いすれば電話の時間を指定することができます。確実に会社にいる時間帯に電話をしてもらいましょう。

 

外出が不定期なのでその技もちょっと使えない……、という方も、必ずしも本人が電話に出る必要はないので、心配はいりません。
繰り返すようですが、在籍が証明できればよいのです。電話口に出た同僚の方が「××は外出しておりますが、○時には戻ります」と答えてくれれば、それだけで勤務の証明になります。もちろんその場合も、担当の方はキャッシング会社であることを悟られないように注意を払います。

 

キャッシングの在籍確認は審査の上でどうしても避けて通れない手続きですが、神経質になる必要はないと思います。電話での具体的なやり取りを、担当の方に事前に確認しておくと安心ですよ。

 

総量規制外とは

 

キャッシングする際に、もうひとつ気になるのが総量規制。この対象である消費者金融では、年収の1/3までまでしか借りることができません。ですが、対象外もあります。

 

「銀行」はこの「総量規制」の対象にはあたりません。総量規制外(総量規制対象外)となるわけです。したがって「銀行カードローン」であれば、年収の1/3以上の借入ができる可能性があるのです。
(出典:総量規制外 http://vet-force.info/ より抜粋)

 

 

在籍確認・会社にバレないようにするには

 

在籍確認電話がかかってくるオフィスの電話

 

キャッシングの審査で避けては通れないのが「在籍確認」です。契約書で申請した勤務先に勤務実態があるのかを電話で確認する手続きですね。

 

キャッシング会社の電話担当の方は、貸金業者であることや借り入れの事実を悟られないように注意を払ってくれますが、それだけでは安心できないという人もいるかもしれません。ですが、基本的にはクレジットカードをつくるだけでも在籍確認が行われるのは普通ですので、あまり心配する必要はありません。ともかくさまざまな状況を想定して、事前に対策を練っておきましょう。

①外出中に在籍確認の電話が来た キャッシング業者の方が電話に出た人にさりげなく質問して、在籍確認を取ってくれるので、本人不在でも問題ありませんが、時間を指定して電話をしてもらうこともできます。
②電話の相手を怪しまれた 担当は個人的な知り合いとして電話するのが普通ですが、若い女性が担当することも多いため、関係を変に勘ぐられることもあります。気になる方は、不自然でない性別・年令の電話オペレーターに在籍確認の連絡をかけてもらうようにキャッシング業者に頼んでおきましょう。
③電話の内容を怪しまれた キャッシングの在籍確認は「氏名・住所・生年月日」で本人と確認できたらそれでおしまいです。在籍確認は、このように簡単でありがたいのですが、電話のやり取りとしてはちょっと不自然ですよね。

「クレジットカードの書類内容の確認」といった言い訳が無難です。事前に「クレジットカード会社から電話があるかも」と周囲に言っておくとより安心です。

④同僚がかけ直した これは実際のケースですが、電話を取った人が何かの理由でかけ直してしまい、貸金業者につながって結局バレてしまった方があるそうです。在籍確認は「非通知」でかけることが多いのですが、非通知の電話は取らない会社もあるので、ちょっと厄介です。キャッシング業者の固定電話ではなく携帯電話で在籍確認をお願いしましょう。

 

職場の環境、働いている方々の性格によって、この他にも多種多様なアクシデントが予想されます。職場を観察しさまざまな状況を想像して、キャッシングの担当の方と細かく打ち合わせをしておくといいですよ。
担当の方はたくさんのケースを見ていますから、たいていのケースに対応してくれるはずです。ただ、消費者金融なのに銀行を名乗るなど、虚偽にあたる行為は断られます。

 

最後に番外編として……

 

⑤電話に出た人が在籍確認経験者だった
これも実際にあったそうです。百戦錬磨の担当でもこればかりは対応できないというケースですね。

 

この場合はシンプルに、口外しないように電話に出た同僚の方に頼むのがよいと思います。その人も、キャッシングの借り入れの後ろめたい心理は理解できるわけですからね……。

 

 

 

キャッシングの審査基準を知ろう

キャッシングの審査について説明する女性

キャッシングの契約を申し込むと、まず審査が行われます。希望どおりの額を融資してもらえるだろうか、その前に審査が通るのか……。緊張しますよね。実際、仕事に就いていて定収入もあるのに審査に通らなかった、というケースもありますし、審査の基準は気になりますよね。

 

金融機関が審査を行う上で、一番の前提になるのは、「貸付金がきちんと回収できるか」ということです。たとえば、ある程度の収入があっても出費が多いと、途中で焦げ付く可能性が高いですから、審査は厳しくなります。また、ちょっと失礼な話で申し訳ないのですが、高齢の方には多額の融資は行わないのが基本なのだそうです。これは、返済に何年もかかるような高額の融資だと、返済途中で契約者が亡くなってしまうリスクがあるためです。

 

居住形態については、持ち家に住んでいるよりも家族所有の一戸建てに同居している方が有利です。意外に聞こえますが、家賃やローンの支払いがない分、資金繰りに窮する確率が低いと判断されるためです。

 

職業に関していえば、サラリーマンなど定収入のある職種が有利に思われますが、それだけではキャッシングの審査に通らないこともあります。ポイントになるのは、勤務先(自営業の場合は経営している店や会社)の信用度と、勤務年数です。

 

勤務先の信用度は、信用調査会社の「帝国データバンク」が基準になります。ここのデータに載っている企業は信用度が高いと判断され、キャッシングする際の審査に有利になりますが、中小企業は登録されていないケースも多いため、そこは不利になります。

 

もうひとつの勤務年数については、数年連続して勤務しているパート・アルバイトや派遣社員の人と、正社員でも3年未満の勤務実績しかない人の場合は、審査が通りやすいのはむしろ前者のアルバイト契約の方の方です。在籍確認については、上述の点を注意しておきましょう。パート・アルバイトや派遣社員の方も同様に、在籍確認は必須です。

 

キャッシングの審査基準のごく基本的なポイントをまとめてみましたが、「お金の回収」を柱においている貸金業者の基準は、わたしたちが常識的に判断するのとはじゃっかんずれがあることがわかりますよね。

 

キャッシングは返済期間が数年に渡る契約が多いですが、その間、たとえ少なくても途切れることなく収入があって、アクシデントが少なそうな条件の方だと、審査が通りやすいといえるでしょうか。

 

以上、キャッシングする際の審査と、在籍確認についてまとめてみました。少しでも参考になれば幸いです。