適切な対処をして、傷口をできるだけ小さく!

カードローンの返済に間に合わない……。キャッシングした方の多くが、こんな経験をしたことがあると思います。

 

カードローンの返済に間に合わなくて困る男性

 

返済期日を守れないというのは、理由は何であれやはり契約違反になってしまいますから、遅延損害金が加算されたり、追加借り入れができなくなったりといったペナルティも発生してきます。とはいえ、返済が少し遅れたからといって絶望的になることはありません。適切な対処をして、傷口をできるだけ小さくしましょう。

 

返済日に間に合わないことが事前にわかったら、期日前にこちらから金融機関に連絡を入れておくことが大切です。

その場合も、ただ「すみません、間に合いません」ではなく、
「○日までには振込みができると思います」のように、こちらの状況を具体的に報告することです。

 

銀行系のカードローンの場合はないようですが、消費者金融のローンでは、間に合わない場合は返済日をある程度延長する措置をとるなど、柔軟に対応してくれる業者もあります。返済日が延長されている間はペナルティも発生しないと思われますが、これについては担当の方に直接確認した方がよいでしょう。

 

ただしその代わり、延長した期日を過ぎても入金が確認できないと、催促や督促が厳しくなります。次に返済が遅れた場合に、延長の申し出を言い出しづらくなるというデメリットもあります。期日を延長してもらうならば、あまり先延ばししては先方に悪い、などと気をまわしたりせず、予定をシビアに見積もって、確実に入金できる日にちを設定しましょう。

 

 

大事なポイントは、借入金を返済する意思があることを、金融機関に対して明確に示すことです。

逆に一番避けるべきは、催促や督促の連絡を無視して放置することです。債権者が一番懸念するのは、貸付金が返済されないままに焦げ付いてしまうことですから、たとえば電話をかけても出ない、ということが続くと、少しでも回収しようと対応も厳しいものになっていきます。

 

返済日を過ぎるとだいたい数日で、催促のハガキや電話がくることが多いようですが、金融機関側が連絡をしてくる前に、こちらから連絡をすること、これが基本です。
こういう電話は気が進まないものですが、借り入れの契約は契約者への信用で成り立っている面もあります。信用を維持するためにも、きめ細かい連絡と意思表示は大切ですよ。がんばってください。