違法取立てにあたる行為とは?

予定どおりにお金が入らなくて、返済を滞納してしまった……。こんなとき、真っ先に心配になるのは取り立ての人がきて、怖い思いをすることですよね。

 

現在は、たとえ消費者金融でも、乱暴な取立てが行われることはまずないようです。取立て行為には法規制が細かく定められていますから、トラブルを嫌がる大手の貸金業者は避けたがるのですね。

 

でもそうした大手からばかり借り入れをするとは限りませんし、取立てをする業者も実際にあります。債務者側の対抗策としては、明確に「違法」にあたる行為を受けたら、すみやかに弁護士や警察に訴えることです。
生活や仕事を妨げる取立ては違法と定められています。

 

違法取立てにあたる行為について説明する女性

 

真夜中や早朝の電話・FAX・訪問など
債務者の自宅以外(勤務先や知人、家族の家)に連絡をする
自宅に来た場合、退去を求められも退去しない(自宅に取り立てにくること自体は合法です)
;張り紙、看板などで債務の事実を第三者に教える
返済のために借金を強要する
第三者に弁済を要求する
債務整理に入ったのに、取立てをする(弁護士などに債務整理を依頼すると、その旨が業者に連絡されます)。

これらが違法取立てにあたる行為になります。ただし、①〜③については、債務者と連絡が取れない、などの場合は必ずしも適応されないので、気が進まなくても業者と連絡がつくようにはしておきましょう。

 

 

これらは貸金業法に対する違法行為ですが、中には刑法に触れる行為もあります。こうなると犯罪になりますから、真っ先に警察に連絡してかまいません。

住居侵入罪(自宅に勝手に入る)
不退去罪(上記の②はこれにあたります)
恐喝罪
強要罪(上記の⑤はこれにあたります)
監禁罪(自宅、または業者の事務所から出られないようにする)
業務妨害罪(勤務先にしつこく電話する)
器物破損罪(物を壊したり汚したりして正常に使えなくする)

 

債権者はどうしても立場が弱いため、泣き寝入りするケースも多いようです。でも、返済が遅れたからといって、違法行為や犯罪行為を我慢する必要はないのです。重犯罪ですら、刑罰は法の規定にのっとって行われます。ましてや法を無視した罰はただの私刑です。法律事務所や警察の協力を仰いでしっかり対抗してください。